本文へスキップ

本国投資法(HIA)とは

本国投資法(HIA)とは


本国投資法(HIA)とは

  • 本国投資法(HIA:Homeland Investment Act)とは、2004年10月にブッシュ政権下で成立した、米国の多国籍企業が海外で得た利益や配当金、余剰金を米国内に還流させる際、それにかかる税負担を優遇する法律のことです(レパトリ減税)。本国投資法は、米国内への投資を促進させる法律で、還流した資金が米国内での再投資に使われる場合に限って法人所得税率を従来の35%から5.25%に引き下げる、という2005年限定の減税措置です。



本国投資法の効果

本国投資法によって、海外に資金を多く保有する米国の企業が米国内に資金を持ち帰って米国内の設備投資を増やしたり、雇用を増やしやすくなりました。政府にとっても、それによる税収の増加が期待でき、インフラ投資などを積極的に行いやすくなるなどの効果があります。本国投資法によって、843社が3,620億ドルを米国に持ち帰ったとされています。また、いわゆるレパトリ減税は、企業の設備投資が増えやすくなるため事業拡大に繋がりやすく、業績への長期的な期待が高まりやすく、また自社株買いの増加要因となります。ゆえに、レパトリエーションをする金額が多い企業の株価が堅調となりやすい傾向があります。





関連記事





減税関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース