本文へスキップ

スピンオフ税制とは

スピンオフ税制とは


スピンオフ税制とは

  • スピンオフ税制とは、会社の一部を分離して、新しく独立した会社とし、既存の株主に新会社の株式を交付する「スピンオフ」に関して、事業を分離した会社と新会社の株式を受け取る既存株主にかかる課税を繰り延べることができる税制のことです。

    スピンオフは、事業を分離した会社から新会社に対する資産移転が課税の対象となり、新会社の株式を受け取る既存株主にはみなし配当課税が行われますが、この課税を繰り延べることができるのが「スピンオフ税制」となります。



スピンオフ税制導入による影響

日本には、本業との相乗効果が低い事業、また不採算事業を抱えている会社が多く、スピンオフ税制の導入によってそれらの事業をスピンオフし、経営資源を本業に集中させるケースが増えることが予想されます。これまで本業との相乗効果が低い事業、また不採算事業を抱えていることが懸念材料となり、株価が割安に放置されていた銘柄の見直しも考えられます。





減税関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース