本文へスキップ

反ダンピング関税とセーフガードの違い

反ダンピング関税とセーフガードの違い


反ダンピング関税とセーフガードの違い

安価な輸入品への対抗措置は、特定産品の輸入の急増で、国内産業に重大な被害を受ける、またはその恐れがある場合に国内産業を保護するために輸入国の政府が関税を引上げたり、輸入数量を制限する緊急措置である「セーフガード」と、輸入先の国の現地価格に比べて輸出価格が大幅に安い商品にかける反ダンピング関税に大別されます。

セーフガードは、ひとたび発動されると全世界の製品に対して無差別に関税が引き上げられるのに対し、反ダンピング関税は、個別の企業の特定商品にのみ発動される違いがあります。ゆえに、例えばA国が鉄鋼を過剰に生産し、B国が鉄鋼製品にセーフガードを取ったとすれば、その他の国の鉄鋼製品もセーフガードの対象となってしまいます。






関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース