本文へスキップ

包括通商法案とは

包括通商法案とは


包括通商法案とは

  • 包括通商法案(ほうかつつうしょうほうあん:Omnibus Trade Act 1987)とは、米国で1987-1988年の第100議会で審議された通商法案のことです。包括通商法案は保護主義が強いことが特徴の法案です。



包括通商法案の内容

  • 不公正な貿易相手国に3年以内に貿易障壁の撤廃を求め、交渉が成立しなければ報復措置を大統領に義務付ける(上院)
  • 米国に対して過剰な貿易黒字国に毎年10%の黒字削減と求め、できなければ報復措置として輸入制限などを義務付ける(下院)
  • 米国企業の輸入による被害救済を規定した通商法201条の発動を容易にし、大統領の裁量権の制限、短的所有権の保護強化など。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース