本文へスキップ

グラス・スティーガル法

グラス・スティーガル法


グラス・スティーガル法

  • グラス・スティーガル法(Glass Steigal Act)とは、1933年に世界大恐慌後の銀行の健全性と預金者の保護を図るために、証券業務(インベストメント・バンク業務)を商業銀行業務(コマーシャル・バンク業務)から分離すること(銀証分離)を目的として制定された米国の連邦法のことです。これによってFOMC(連邦公開市場委員会)やFIDIC(連邦預金保険公社)の創設のほか、証券会社の預金業務や国法銀行の証券業務の兼営、FRS(連邦準備制度)に加盟する銀行の取締役が証券会社の取締役を兼任したり、証券会社を関連会社とすることが禁止されるようになりました。ただし、同法は1999年に規制緩和の流れから、ビル・クリントン政権下でグラム・リーチ・ブライリー法が成立したことにより撤廃されました。



根強い銀証分離論

米国では金融危機の再発防止策として、オバマ政権下でドット・フランク法が成立し、金融機関の高リスク取引を制限する規制強化を進めていましたが、この金融規制によって中小企業の金融に弊害が生じたり、商業銀行の高リスク投資を禁止するものだと批判が多く、銀証の再分離論は根強い支持があります。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース