本文へスキップ

為替平衡操作(かわせへいこうそうさ)とは

為替平衡操作(かわせへいこうそうさ)とは


為替平衡操作(かわせへいこうそうさ)とは

  • 為替平衡操作(かわせへいこうそうさ:exchange equalization operation)とは、「平衡操作」「為替介入」とも呼ばれる、通貨当局や通貨当局から委任された中央銀行が、為替相場の安定を目的として外国為替取引を行うことです。為替相場は、基本的に経済のファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を反映して、マーケットの需給により市場において決定されるものですが、為替相場が投機や思惑等によりファンダメンタルズから乖離したり、短期間のうちに大きく変動することは好ましくないことから行われるものです。日本では、財務大臣の権限において実施されており、急激な円高ドル安の局面では円売りドル買い介入を実施し、急激な円安ドル高の局面では円買いドル売り介入が実施されます。



実施状況

為替平衡操作の実施状況は、通貨当局が介入した実績額についてはその総額を1カ月毎にに、また介入実績の詳細(実施日、介入額、売買通貨)については四半期毎にそれぞれ対外公表されています(財務省)。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース