本文へスキップ

最適関税とは

最適関税とは


最適関税とは

  • 最適関税(optimum tariff)とは、自由貿易の場合より経済全体の資源配分の効率を最大にする関税率のことです。

    関税は、通常その国の経済全体の資源配分の効率を自由貿易に比べて下げることになりますが、その国の貿易が交易条件に変化を与える「大国」の場合はその限りではありません。大国は、輸入の関税を課せば交易条件を改善でき、自由貿易の場合より経済全体の資源配分の効率を最大にすることができます。この時、自由貿易の場合より経済全体の資源配分の効率を最大にする関税率を「最適関税」といいます。

    ただし、これは関税の賦課に報復措置をとらないことが条件で、相手国が関税を引上げれば経済全体の資源配分の効率は下がることもあります。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース