本文へスキップ

財政均衡法(グラム・ラドマン法)とは

財政均衡法(グラム・ラドマン法)とは


財政均衡法(グラム・ラドマン法)とは

  • 財政均衡法(Gram-Rudman-Hollings Act)とは、「グラム・ラドマン法」「グラム・ラドマン・ホリングス法」とも呼ばれる、米国の上院議員のグラム、ラドマン、ホリングスの3人の議員が提案して1985年12月に成立した法律のことです。



財政均衡法(グラム・ラドマン法)の内容

財政均衡法(グラム・ラドマン法)は、1991年までの財政収支均衡を大統領と議会に義務づけて財政赤字を削減しようとするもので、以下のような内容となりました。

  • 毎年8月、行政管理予算局と議会予算局が次の会計年度の財政収支の見通しを作成すること
  • 財政赤字が当法律で設定した目標額を100億ドル超えた場合に歳出の削減計画を作成し、会計検査院に提出すること
  • 会計検査院の院長は、これを大統領に報告し、大統領はその報告を歳出削減命令として公表すること

ただし、1986年に米国の最高裁が会計検査院の院長の罷免権は議会にあり、その報告をもとに大統領が歳出削減命令を公表するのは違憲である、と判決しました。これによって、1987年には財政収支均衡目標年度が先送りとなり、1990年には先眼手続きも改正されることとなりました。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース