本文へスキップ

銀行代理店制度とは

銀行代理店制度とは


銀行代理店制度とは

  • 銀行代理店制度(ぎんこうだいりてんせいど)とは、銀行法によって認められている出店形態の一つで、銀行の代わりに預金や融資を仲介する制度のことです。



銀行代理店制度の緩和

銀行代理店制度は、2006年に一般事業者に開放されましたが、銀行の業務を経験した者を店舗に配置しなければならない規制があるため、人員の配置やコストの面から異業種による参入は限定的となっていました。そこで金融庁は銀行の業務を経験した者を店舗に配置する規制を撤廃し、小売など異業種が算入しやすいよう環境を整え2018年春に適用開始を目指す方針です。





どう変わる?その影響は?

この規制撤廃によって、利用者は口座開設やローン申込み、外貨両替などが銀行の店舗以外で行えるようになり、自動車ローンのサービスの観点から自動車ディーラーなどの参入が予想されています。一方、銀行は代理店に手数料を払うこととなりますが、地域に支店を置くよりコスト面で安く拠点を設けやすくなると考えられています。









姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース