本文へスキップ

日米経済対話とは

日米経済対話とは


日米経済対話とは

  • 日米経済対話とは、2017年2月の日米首脳会談において設置が決まった、@財政金融となどの経済政策の協力、Aインフラ、エネルギー、サイバー、宇宙での協力、B両国間の貿易や投資のルール作り、の3項目について麻生太郎副総理とペンス副大統領のもとで協議する新たな経済対話のことです。



日米経済対話の狙い

日米経済対話は安倍首相が提案したもので、日米首脳会談の会見で安倍首相は日米経済対話の狙いについて「アジア太平洋地域に自由かつルールに基づいた公正なマーケットを日米両国のリーダーシップのもとでつくりあげていく。」と言及しました。為替については、日米の財務大臣間で緊密な議論を継続するとしており、日米経済対話の議題にはしないとしています。日本は高速鉄道整備やエネルギー開発での協力、貿易ルールの面で不当な安価で製品を輸出する国への対抗策などについて協議したい考えですが、どのような協議がなされていくのは今後の調整次第とされています。




関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース