本文へスキップ

原産地主義(課税)とは

原産地主義(課税)とは


原産地主義(課税)とは

  • 原産地主義(げんさんちしゅぎ:original principle)とは、輸出時に課税し輸入時に課税を免除する、という輸出入品への付加価値税の課税の考え方・仕組みのことです。一方、輸出時に課税を免除し輸入時に課税する、という輸出入品への付加価値税の課税の考え方・仕組みのことを「仕向け地主義」といいます。

    また、法人税制を事業拠点がある原産国で課税することもいいます。法人税制は、世界的に原産地主義が一般的です。



原産地主義のメリットとデメリット

原産地主義は、税関で税調整行う「国境調整」を必要としないため、税務執行が簡素となりますが、原産地主義を用いてる国のほとんどが一定の非課税及び仕向け地主義課税が設けられているために、実際は課税が複雑となっています。また、原産地主義は、事業拠点がある原産国で課税されますので、法人税率の低い国に本社を移転させて課税を逃れる企業が多くなり、国内の税収が減りやすくなるデメリットがあります。





通商政策関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース