本文へスキップ

世界銀行(国際復興開発銀行:IBRD)とは

世界銀行(国際復興開発銀行:IBRD)とは


世界銀行(国際復興開発銀行:IBRD)とは

  • 国際復興開発銀行(IBRD:International Bank for Reconstruction and Development 通称「世界銀行」)とは、1944年にブレトンウッズ協定によってIMF(国際通貨基金)とともに設立された組織のことです。



世界銀行の目的

世界銀行は、当初、第二次世界大戦後の欧州とアジアの復興を財政の面で支援する目的として設立されましたが、現在は、加盟する途上国への経済成長を目的として、各国の中央銀行に融資を行う国際連合の専門機関となっています。本部はワシントンにあり、日本は1952年に加盟しています。世界銀行は各国のマクロ経済を調査し、国別の支援策を決定しています。日本も戦後は復興のために世界銀行から融資を受けていました(1990年に完済してます)。
世界銀行は商業銀行と競うことはありませんが、商業銀行が出資する融資に参加することはあります。貸付は債務国政府の保証が必要となります。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース