本文へスキップ

単一市場(たんいつしじょう)とは

単一市場(たんいつしじょう)とは


単一市場(たんいつしじょう)とは

  • 単一市場(たんいつしじょう)とは、人・財・資本・サービスの移動が確保されている域内に国境のない領域のことで、EU(欧州連合)EFTA(欧州自由貿易連合)で構成されるEEA(欧州経済領域)が形成している市場のことです。単一市場内では、1996年に同じ免許で自由に業務ができる単一パスポート制度が導入されました。



背景

EUは、1968年に関税の障壁が撤廃されてましたが、単一市場への移行が進展しませんでした。しかし、1986年に「単一欧州議定書」が調印され、それには域内市場統合を1992年末までに完成することが明記され、単一市場に向けての動きが加速しました。これによって、1992年末までに人・財・資本・サービスの自由な移動に対する障壁が除去されることになりました。





単一市場のメリット・デメリット

単一市場では、人・財・資本・サービスが自由に移動できるため、労働分担が進み、生産の効率化も進むため生産性が高まるとされています。一方で、政府による保護を受けていた国内産業は競争を強いられることとなり、倒産の増加や失業が増えると指摘されています。




関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース