本文へスキップ

乗数効果とは

乗数効果とは


乗数効果とは

  • 乗数効果とは 、総所得にもたらす乗数倍の投資支出効果のことです。例えば、政府が社会に公共事業などの投資をしたとき、社会にはその投資額の何倍かの効果が出るということです。



乗数効果の例

例えば、政府が新しい道路をつくるために、A社という大手の建設会社に100億円出したとします。A社はその100億円の中から道路建設のために必 要なB社という子会社の建設会社に50億円を支出。B社は受け取った50億円の中から道路建設のために必要なC社という機材メーカーに25億円を支出。C 社は受け取った25億円の中から道路建設のために必要なD社という資材メーカーに12億円支出。D社は受け取った12億円の中から・・・といった具合に、 政府が道路建設のために支出した100億円が連鎖して多くの企業の収入を増やします。


A社    B社    C社    D社    E社    F社    G社   合計
 100億  →  50億 →  25億  →  12億  →  6億  →   3億 →  1億   197億

注目は、最後の合計の数字です。「197億」となっています。
政府は100億円しか出していないのに、社会には197億円の効果が出たのです。これが乗数効果です。この例の場合だと、乗数効果は1.97倍ということ になります。約2倍ですね。要するに、政府が支出した額の約2倍の効果が社会にもたらされたことになるのです。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース