本文へスキップ

金融システムとは

金融システムとは


金融システムとは

  • 金融システムとは、金融制度(制度的な枠組み)における実際の金融の取引全般のことです。金融システムは、金融市場金融制度金融機関金融行政金融システムの利用者で構成されています。



金融市場とは
金融市場とは、金融取引を行う場のことです。
金融制度とは
金融制度とは、金融に関する規制や金融業界の自主規制など、金融取引を行うために必要な制度のことです。
金融機関とは
金融機関とは、金融取引のサービスを提供する機関のことです。銀行や信用金庫、証券会社、保険会社などがそれにあたります。
金融行政とは
金融行政とは、金融庁や日本銀行の金融当局が金融システムが円滑に機能するように金融制度を取り決めたり、金融機関などを監督することです。
金融システムの利用者とは
金融システムの利用者とは、お金を運用、または調達するために金融システムを利用する者のことです。金融システムの利用者は、余裕資金を運用したい資本余剰主体(お金が余っている主体)と、お金を調達したい資金不足主体(お金が足りない主体)に分かれます。


金融システムについて

上記の5つによって金融システムは構成されていますが、金融システムは経済社会の基盤であり、経済を循環させるための役割を担っているため、物価や決済システム、資金供給を安定させることが要求されています。これらの金融システムは市場だけに任せておいては不十分ですので、金融行政がセーフティーネットを提供してその安全性を維持する仕組みとなっています。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース