本文へスキップ

GABとは

GABとは


GABとは

  • GAB(General Arrangement to Borrow)とは、1962年に先進11ヵ国(日本、米国、英国、ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、スイス、ベルギー、スウェーデン、カナダ)とIMF(国際通貨基金)が締結した一般借入に関する取り決めのことです。



GABの内容

GABは、先進11ヵ国のいずれかの国がIMFに借入を申請し、その際にIMFに資金がない場合に、約230億ドルの範囲で先進11ヵ国のその他の国々がIMFに資金を提供する、という内容の取り決めです。1983年に貸出枠は170億SDR(特別引出権)に拡大され、先進11ヵ国意外の国への貸出でも利用されるようになりました。




関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース