本文へスキップ

全国銀行内国為替制度とは

全国銀行内国為替制度とは


全国銀行内国為替制度とは

  • 全国銀行内国為替制度とは、全銀ネット(全国銀行資金決済ネットワーク)で運営されている個人や企業が金融機関に振込を依頼した場合などに金融機関同士の決済を行うための制度のことです。1件1億円以上の取引は、支払指図毎に決済に必要な情報がセンターから日銀ネット(日本銀行金融ネットワークシステム)に送信され、日銀当座預金(日本銀行当座預金)上でRTGS(即時グロス決済)によって処理され、 1件1億円未満の取引については、センターにおいて個々の支払指図を集計し、金融機関毎に受払差額を計算し、その結果を日本銀行にオンラインで送信されます。この送信結果に基づいて、当日の午後4時15分に各金融機関と全銀ネットとの間で、日本銀行当座預金の入金または引落しを行うことにより最終的に決済される仕組みとなっています。

    なお、同制度を運営するための銀行間ネットワークシステムのことを「全銀システム(全国銀行データ通信システム)」といいます。振込や送金など金融機関の為替取引に関するデータの処理は、全銀システムのセンターを通じて行われます。



関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース