本文へスキップ

FTAAP(エフタープ:アジア太平洋自由貿易圏)とは

FTAAP(エフタープ:アジア太平洋自由貿易圏)とは


FTAAP(エフタープ:アジア太平洋自由貿易圏)とは

  • FTAAP(エフタープ:Free Trade Area of the Asia-Pacific)とは、APECに参加する21の国・地域の自由貿易圏「アジア太平洋自由貿易圏」のことです。または、その圏内の経済統合の構想のことをいいます。

    FTAAPは、圏内の関税を取り除き、貿易を自由化することによって経済上、幅広い分野での連携の強化を目指す構想です。目標は、2020年までにAPEC地域の経済をすべて統合させることにあります。ただし、FTAAPは、貿易摩擦が激しい米国と中国がFTA(自由貿易協定)を結ばなければならず難航。一方、構想が実現すれば、貿易自由化となる経済圏の規模は、世界人口の約4割、世界に占めるGDPの約6割になるとされています。

    2010年10月のAPECの首脳会議で、FTAAPの構想はASEAN+3ASEAN+6、及びTPP(環太平洋経済連携協定)を基礎としてさらに発展させることで包括的な自由貿易協定として追求されるべき、とされました。2014年5月のAPECの貿易相会合では日本はTPPの早期実現を目指しているとしましたが、ASEANはRCEP(東アジア地域包括的経済連携)をFTAAPのベースにしたい旨を主張しました。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース