本文へスキップ

固定相場制とは

固定相場制とは


固定相場制とは

  • 固定相場制(fixed exchange rate system)とは、外国為替相場の変動幅をごく限定された範囲に設定、または変動を全く認めない為替制度のことです。一般的に、金本位制度下の為替相場制度がその例で、1971年のニクソン・ショック(米国がドルと金(きん)を交換を停止する内容を含む経済政策を発表したことによって引き起こされた世界経済への影響)まで、世界各国で採用されていました。1973年2月まではスミソニアン体制によって固定相場制は継続したものの、1973年2月以降は主要国が変動相場制に移行し、国際通貨体制は転換を迎えました。 スミソニアン体制以前の固定相場制では、IMF協定によって変動幅が平価の上下1%でしたが、スミソニアン合意から各国通貨の基準レート(セントラル・レート)の上下2.25%に変更され、ドルの切り下げや各国通貨の調整が実施されました。この時、日本円も切り上げられ、1ドル=308円となりました。ただし、日本は1973年2月に変動相場制に移行、1973年3月にはEC(欧州共同体)諸国も変動相場制に以降したことからスミソニアン体制は崩壊しました。




固定相場制のメリット・デメリット

固定相場制は、輸出入の採算の安定化を図られるため、貿易面ではメリットがあるものの、為替相場を一定に保つために巨額の外貨準備が必要となるデメリットがあります。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース