本文へスキップ

BIS規制(バーゼル合意・バーゼル規制)とは

BIS規制(バーゼル合意・バーゼル規制)とは


BIS規制とは

  • BIS規制(BIS regulation)とは、「バーゼル合意」「バーゼル規制」とも呼ばれるBIS(国際決済銀行)の常設事務局であるバーゼル銀行監督委員会が、1988年7月にスイスのバーゼルで取りまとめた銀行の自己資本比率に関する国際統一基準のことです。BIS(国際決済銀行)を中心に検討がなされたため「BIS規制」と呼ばれていますが、制定した組織はバーゼル銀行監督委員会であり、BIS(国際決済銀行)とバーゼル銀行監督委員会は別の組織であるため、「バーゼル合意」「バーゼル規制」と呼ばれることが多いです。



BIS規制の目的

本規制は、世界的な金融システムの安定確保と各国銀行間の競争条件の公平性確保を目的としています。本規制は、金融機関が貸し渋りをする信用収縮「クレジット・クランチ」を予防するために設定されており、国際金融業務を行う銀行に対して、信用リスクを加味して算出した総リスク資産(オフバランス資産を含む連結ベース)の一定比率(当初の設定は8%以上)の自己資本を保有することを義務付けています(ただし、法的な効力は有しない)。




バーゼルT・U・V

バーゼル銀行監督委員会が、1988年7月にスイスのバーゼルで取りまとめた銀行の自己資本比率に関する国際統一基準を「バーゼルT」(BIS規制)といい、各国はこの基準に基づいて自己資本比率規制を導入しました。日本では1993年3月末から適用。2004年には、バーゼルTを改訂した枠組み「バーゼルU(新BIS規制)」が公表され、2010年にはバーゼルUを再検討し、新しい規制「バーゼルV」が合意されました。






関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース