本文へスキップ

クロスボーダー担保スキームとは

クロスボーダー担保スキームとは


クロスボーダー担保スキームとは

  • クロスボーダー担保スキームとは、資金調達をする際、外国の政府や法人が発行した外貨建て証券等を担保とする仕組みのことです。近年、金融市場のグローバル化に伴って、カウンターパーティーに対するリスクが懸念されており、担保の利用が増加。金融機関のクロスボーダー担保スキームのニーズが高まっています。日本銀行は、2005年5月に金融市場の情勢に応じた金融調節の一層の円滑化と、担保取扱いの一層の効率化を目的に、米国、英国、ドイツ、フランスの国債を、公開市場操作(オペレーション)などの担保に追加し受入れを始めました。日本銀行が各国の中央銀行に担保受入れのための証券口座を開設し、金融機関は、各国の証券集中保管機関を通じて、保有している適格外国債券を日本銀行の証券口座に振り替える仕組みとなっています。また、アジアの複数の中央銀行等との間では、日本国債や日本円を担保とした現地通貨の資金供給を行うためのクロスボーダー担保スキームが構築され、日本銀行は担保のカストディアンとして、アジアの中央銀行等に担保の受入口座を提供しています。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース