本文へスキップ

基準割引率及び基準貸付利率とは

基準割引率及び基準貸付利率とは


基準割引率及び基準貸付利率とは

  • 基準割引率及び基準貸付利率とは、日本銀行金融機関に直接資金を貸し出す時の基準金利のことです。基準割引率及び基準貸付利率は、長らく「公定歩合」と呼ばれていたもので、2006年8月に改められて「基準割引率及び基準貸付利率」と呼ぶようになりました。日本銀行が政策金利を変更する際は、公開市場操作(オペレーション)の他に、この基準割引率及び基準貸付利率を変更する方法もあります。



公定歩合から基準割引率及び基準貸付利率へ

かつて、預金金利などの各種の金利は公定歩合に連動していました。そのため、公定歩合を変更すれば、それらの金利が全て変更されていたので、公定歩合は日本の代表的な政策金利でした。ですが、1994年に金利が自由化され、公定歩合と預金金利などの各種の金利の連動性がなくなりました。それを受けて「無担保コール翌日物」が政策金利となり、公定歩合は2001年(平成13年)に導入された補完貸付制度の適用金利(「基準貸付利率」)として、短期の市中金利(市場の金利)の上限を画する役割を担うようになり、政策金利でなくなったことから「基準割引率及び基準貸付利率」という名称に変更となりました。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース