本文へスキップ

チェンマイ・イニシアティブ(CMI)とは

チェンマイ・イニシアティブ(CMI)とは


チェンマイ・イニシアティブ(CMI)とは

  • チェンマイ・イニシアティブ(CMI:Chiang Mai Initiative)とは、日本・韓国・中国・ASEAN(東南アジア諸国連合)の東アジア地域が、2000年に創設で合意した、金融危機の際に多国間でドルを融通し合う仕組みのことです。

    チェンマイ・イニシアティブは、 1997年-1998年に起きたアジア通貨危機をの再発防止策として、東アジア地域における自助・支援メカニズムの強化の必要性の観点から構築を合意したものです。外貨準備のドル資金を利用して通貨急落による金融危機を防ぐため仕組みで、域内で自律的に危機対応できる体制を整えるという狙いとして創設されました。チェンマイ・イニシアティブは、2004年に同枠組みの有効性を高める方策の検討で合意、2009年にドル融通枠を1200億ドルに増額で合意、2012年にドル融通枠の倍増に合意(発効は14年)、2016年にドル融通の基準の明確化で事務レベルで合意しています。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース