本文へスキップ

バーゼルVのレバレッジ比率とは

バーゼルVのレバレッジ比率とは


バーゼルVのレバレッジ比率とは

バーゼルVのレバレッジ比率とは、リスクベースの自己資本比率に対する補完的指標で、自己資本比率におけるTier1資本を非リスクベースのエクスポージャー額(オンバランス項目+オフバランス項目)で割った比率のことです。バーゼルVでは、このレバレッジ比率を3%以上(最低値3%)にすることを求めています。

  • レバレッジ比率=Tier1資本/エクスポージャー額(オンバランス項目+オフバランス項目)≧3%

※エクスポージャー額とは、オンバランスやデリバティブ取引、証券金融取引、オフバランスの合計額(与信額)です。




レバレッジ比率は見直される?

レバレッジ比率は、2013年1月から2017年1月を試行期間としており、これを踏まえた上でバーゼル銀行監督委員会は2018年1月から取り扱いに移行することを視野に入れており、2017年中に最終調整する予定となっています。それに伴い「レバレッジ比率を3%以上」の水準がさらに引き上げられる、との見方が強まっています。






関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース