本文へスキップ

IMF協定とは

IMF協定とは


IMF協定とは

  • IMF協定(agreement of IMF)とは、1944年7月に米国のニューハンプシャー州のブレトン・ウッズで開かれた連合国44カ国による国際通貨会議(ブレトン・ウッズ会議)で結ばれたIMF(国際通貨基金)の目的や加盟国の地位、割当額、出資、通貨平価やIMFとの取引などを定めた協定のことです。IMF協定は、IMFの割当総額が65%に達する29カ国が1945年12月に署名・受諾したことによって発効され、IMFが設立されることとなりました。



改正

IMF協定は、1969年のSDR(特別引出権)発足時に改正され、また1978年の経済激動時に、国際流動性の管理の認識の高まりから改正されています。その結果、平価の設定と維持を削除して為替変動相場制を認め、SDRを通貨の共通価値尺度とするとしました。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース