本文へスキップ

OMT(アウトライト・マネタリー・トランザクション)とは

OMT(アウトライト・マネタリー・トランザクション)とは


OMT(アウトライト・マネタリー・トランザクション)とは

  • OMT(Outright Monetary Transaction:アウトライト・マネタリー・トランザクション)とは、ECB(欧州中央銀行)がユーロ圏の重債務国の南欧諸国(イタリア、スペイン、ポルトガルなど)の償還期限が3年以内の短期国債を無制限に買取るという国債買入れプログラムのことです。OMTは、2012年9月にECB理事会によって可決されたもので、これによって南欧諸国は必要な資金を都度調達できるようになり、南欧諸国の国債利回りが急上昇して借入ができなくなることを回避しました。



OMTの内容

  • 償還期限が3年以内の短期国債を無制限に買取る
  • 支援対象国には財政再建の条件を付加する。これを放棄すれば買取は停止する
  • ESM(欧州安定メカニズム)への支援要請が必要
  • 優先債権者待遇の放棄
  • 不胎化

OMTは、償還期限が3年以内の短期国債を無制限に買取ることとしていますが、不胎化しながら買うことをECBのドラギ総裁は明言しました。これによって市場の資金流通量を調整する狙いがあります。





不胎化とは

  • 不胎化(ふたいか)とは、インフレーションを誘発しないように資金流通量を調整することです。



関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース