本文へスキップ

量的緩和政策(QE)とは

量的緩和政策(QE)とは


量的緩和政策とは

  • 量的緩和政策(Quantitative Easing:QE)とは、中央銀行が当座預金残高を増やして、市中のマネーストック(通貨供給量)を増やす金融政策のことです。中央銀行は平時であれば、利上げ利下げを行って景気や物価を安定させますが、深刻なデフレ政策金利がゼロに近い状態となり、政策金利を下げる余地がない場合に、市中に資金を供給して景気を刺激する政策として量的緩和政策が行われます。量的緩和政策は「量的金融緩和政策」「量的緩和策」とも呼ばれ、略称として「QE」と呼ばれることが多いです。





量的緩和政策の例

量的緩和政策は、日本では日本銀行が取引先の金融機関等から受け入れている当座預金「日銀当座預金」の残高を増やすことで市中のマネーストックを増やそうとする政策です。すなわち、日本銀行が公開市場操作(オペレーション)によって民間の金融機関(銀行など)から国債を買い入れて民間の金融機関に資金を供給し、市中の資金量を増やす政策です。国債を買い入れることで金利は低下し、民間の金融機関は日銀当座預金の残高に比例して融資を行いますので、融資も増やす狙いのある政策です。

量的緩和政策は、日本では日本銀行によって2001年3月−2006年3月、米国ではFRBによって2008年11月ー2010年6月(QE1)、2010年11月ー2011年6月(QE2)、2012年9月ー2014年10月(QE3)が実施されました。






関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース