本文へスキップ

一般教書とは

一般教書とは


一般教書とは

  • 一般教書(state of the union message)とは、「年頭教書」とも呼ばれる、アメリカの大統領が毎1回(通常1月下旬から2月)、上下両院合同会議に出席して、連邦議会に内政と外交の情勢や基本政策を公表し、立法の勧告を試みる教書(メッセージ)のことです。一般教書は、大統領教書として定期的に公表される教書の一つで、議会で口頭で述べるのが慣例となっています。

    参考ページ「一般教書演説とは

    教書とは、大統領が議会に対して口頭ないし文書で行う報告・勧告のことです。
  • アメリカの大統領には、法案の提出権がないので、教書は法案の提出に代わるものとして、議会の立法に影響を与えます(ただし、立法化されるとは限らない)。






大統領教書の3つの教書

大統領教書には、定期的に公表される教書として、以下の3つの教書があります。

  • 一般教書
  • 予算教書
  • 経済教書(大統領経済報告):経済運営方針の発表と立法を要請する。

この他に、必要に応じて特別教書(国際収支教書、農業教書、通商教書など)が送付されます。




関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース