本文へスキップ

大統領令の違い(エグゼクティブ・オーダーとプレジデンシャル・メモランダム)

大統領令の違い(エグゼクティブ・オーダーとプレジデンシャル・メモランダム)


大統領令の違い

  • エグゼクティブ・オーダーとは、米国の「大統領令」のことです。本来の大統領令のことを指すもので、広い意味の大統領令として訳されている「プレジデンシャル・メモランダム(大統領覚書)」という形式と分けて訳されています。

    エグゼクティブ・オーダーは、その根拠(法律など)となるものが明示されている大統領令で、プレジデンシャル・メモランダムは、その根拠が明示されていない大統領令です。具体的な法律に基づくかどうかの違いで、プレジデンシャル・メモランダムは、「大統領の権限により」といった形の曖昧な理由が示されるものが多い特徴があります。ただし、明確に定義されていないため、効果や使い方は政権によって異なります。プレジデンシャル・メモランダムは、オバマ大統領が多く使ったことで有名となりました。オバマ政権(民主党)と議会(共和党)は、ねじれ状態となっていたため、円滑に政権運営をするために多用したとされています。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース