本文へスキップ

租税特別措置法(租特法)とは

租税特別措置法(租特法)とは


租税特別措置法(祖特法)とは

  • 租税特別措置法(祖特法)とは、特定の政策目的(産業の女性、輸出の振興、資本蓄積等)のために期限を設けて減税する法律です。同法は、1946年に制定され、1957年に改正されました。

    租税特別措置法は、所得税や法人税、相続税、贈与税等を期限を設けて免除、軽減、または還付、もしくはそれらの税の納税や課税標準等に特例を設けることを規定するものです。具体的には、所得控除や特別償却、税率の引き上げ、または引下げ、準備金や引当金の設定が行われます。同法は毎年のように改正されており、改正や廃止、新設が頻繁に行われています。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース