本文へスキップ

トランスファープライシング(振替価格操作・移転価格操作)とは

トランスファープライシング(振替価格操作・移転価格操作)とは


トランスファープライシング(振替価格操作・移転価格操作)とは

  • トランスファープライシング(transfer pricing)とは、親会社と海外子会社など、特殊関係にある2つ以上の企業が、その間の取引において設定される価格を人為的に操作して、企業グループ全体の税負担を軽くしようとする行為のことです。トランスファープライシングは、「振替価格操作」「移転価格操作」と呼ばれ、部門ごとに独立採算である場合、部門間の製品の移転で仕切り価格を人為的に操作すること、また、親会社と海外子会社の間で行われる取引の輸出入価格を操作することをいいます。

    トランスファープライシングを行うと、企業は国際的な脱税が可能で、税金が低い国に利益を集中させて税負担を軽くすることができます。各国はこれに対応するために法整備を行い、日本でも1986年4月1日より租税特別措置法(租特法)の一部改正が行われました。





関連記事









姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース