本文へスキップ

ミニ規制緩和制度とは

ミニ規制緩和制度とは


ミニ規制緩和制度とは

  • ミニ規制緩和制度とは、2014年1月から施行された企業が政府に規制の見直しを提案できる制度のことです。経済産業省が産業競争力強化法に基づいて導入した制度で、「グレーゾーン解消制度」と「企業実証特例制度」を合わせた呼称です。



ミニ規制緩和制度の利用

ミニ規制緩和制度は、医療や保険、また交通など、規制が厳しい分野において、事業を立ち上げる際や大手企業が業務を拡大する際に利用されています。ミニ規制緩和制度は、「グレーゾーン解消制度」利用申請の割合が多く、その割合は約9割(2016年末時点)となっています。例えば、医療品の法律に抵触する可能性があると懸念されているものを同制度を利用して経産省から厚労省に確認してもらい、「問題がない」と回答されれば厚労省から認められたこととなります。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。


バナースペース