本文へスキップ

持分プーリング法とは

持分プーリング法とは


持分プーリング法とは

  • 持分プーリング法(pooling method)とは、M&Aなど企業統合における会計処理の方法の一つです(持分プーリング法とパーチェス法がある)。持分プーリング法は、例えばAという会社がBという会社を合併する場合、AはBの貸借対照表上の資産負債簿価で評価して引き継ぐ方法です。Aは自社株を新しく発行してBの株式と交換し、Bの株主はAの株主となります。このとき、Aが交付する株式の総額が、Bの資本金より上であれば、その差額が剰余金から減額され、下であれば、その差額が剰余金になります。 資本金と剰余金の振替はあるものの、総額ではAがBの総資産と負債、資本を全額引き継ぐため、貸借対照表上の総資産と負債、資本の合計額は合併前のAとBを合計額となります。



パーチェス法と持分プーリング法の違い

パーチェス法では、買収会社側(上記の例の場合ではA)は、被合併会社(上記の例の場合ではB)の貸借対照表上の資産や負債を時価で評価して引き継ぐ方法ですが、持分プーリング法では、被合併会社の資産や負債を簿価で評価する方法となります。パーチェス法は持分プーリング法に比べて資産価値が高くなり、買収会社側にとっては費用負担が増します。また、国際会計基準では、パーチェス法を標準会計方法としているのに対し、持分プーリング法は禁止されています。日本では原則的にパーチェス法を採用することになっています。




関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース