本文へスキップ

経営統合とは

経営統合とは


経営統合とは

  • 経営統合(けいえいとうごう)とは、2つ以上の会社が経営を統合することです。2つ以上の会社が共同で持株会社を設立し、その傘下に入ることを言う場合が多いです(これを「持株会社方式」といいます)。親会社が同じとなりますので、会社同士の関係が深まり、戦略の構築や共有がなされます。ただし、明確に定義されている言葉ではありません。



合併との違い

合併とは、2つ以上の会社が組織体制を一つする形態のことです。経営統合の場合は、資本や組織は一本化されない点に違いがあります。合併の場合は一本化される。共同で持株会社を設立する経営統合の場合は、1つの会社になるわけではなく、同じ親会社を持つということになります。会社同士の関係を深め、事業別に会社の再編を図ることが多いです。経営統合後に、合併に至ることもあります。





資本提携との違い

資本提携とは、会社同士がお互いの株式を保有しあって協力体勢を築きつつも互いに独立した経営を行うことです。他方の会社を買収したり拒否権を確保するまでには至らない程度の株式を保有しあって、資本関係を構築することをいいます。




関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース