本文へスキップ

銀行取引停止処分とは

銀行取引停止処分とは


銀行取引停止処分とは

  • 銀行取引停止処分とは、手形交換所加盟銀行が取引を停止することです。



経営困難となった会社

会社は、累積赤字がかさみ続けて正常な営業活動の継続ができなくなる(経営困難)と、不渡り手形を出す状態となります。不渡り手形とは、小切手や手形の支払期日に支払義務を果たさなかった場合の手形のことです。




不渡り手形を出したら?

1度不渡り手形を出してから6カ月以内に2度目の不渡り手形を出すと、会社は「銀行取引停止処分」となり、倒産することになります。倒産の危険性がある場合は、事前に法律に基づいて会社を整理したり、会社更生法をとることもできます。会社更生法の適用を受けると、破産にせず債権者や株主の利害を調整しながら事業を継続させ、再建を目指すこととなります。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース