本文へスキップ

多国籍企業(たこくせききぎょう)とは

多国籍企業(たこくせききぎょう)とは


多国籍企業(たこくせききぎょう)とは

  • 多国籍企業(MNC:multinational corporation)とは、「世界企業」とも呼ばれる、複数の国に子会社や支社、工場を持ち、国際的に生産や販売活動を行っている企業のことです。
    多国籍企業は、世界的な市場の確保や安価な資源(労働力含む)を目的として、アジア・中南米を中心に投資を進めることが多いです。



多国籍企業が増えると?

多国籍企業が増えると、諸国間の経済の依存関係が増し、技術移転が進みやすくなります。一方で、税率の低い第三国(タックス・ヘイブン)に子会社を設けて税負担を軽減する企業が増えやすくなります。






多国籍企業が多い業種

多国籍企業はあらゆる業種に存在しますが、特に多い業種は以下の通りです。

  • 金融(銀行、証券。保険など)
  • 自動車
  • IT
  • 石油
  • 半導体
  • 電機
  • 航空
  • その他製造業







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース