本文へスキップ

株式持合いとは

株式持合いとは


株式持合いとは

  • 株式持合いとは、2社以上の株式会社が、取引関係の強化や経営の安定化を目的として長期間にわたって互いに相手の株式を保有することです。



株式持合い解消

株式持合いは、戦後、財閥の解体や外国資本からの買収防止、また株価の安定を目的として始まった日本独特の慣行です。これは高度成長期の日本企業の経営を安定させるのに大きな役割を担いましたが、1990年代にバブルが崩壊して株価が低迷し、資産が効率的に活用できなくなったことや、株式持合いは株主が安定してしまうことから、株主が何も言わなくなり、企業経営に対するチェックが甘くなるなどの問題が指摘されるようになり、株式持合いの解消が進みました。

一方で、近年は「もの言う株主」が台頭してきていたり、買収の防止策、他社との資本提携を目的として株式持合いを利用することが増えており、目的を変えながらも今なお続く慣行となっています。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース