本文へスキップ

バブルとは

バブルとは


バブルとは

  • バブルとは、不動産や株式などの資産価格が投機によって高騰し、実体経済から大幅にかけ離れて上昇することです。日本は、1985年から1990年がバブル期。



信用膨張とは

バブルは、多くの場合、中央銀行の資金供給や低金利政策などで市中に流通する貨幣量が増えて人々の購買力が高まり、物や金融商品が過度に買われて価格が上昇することが要因となります。これを「信用膨張」といいます。






バブルの崩壊

バブルは、多くの場合「信用膨張」を伴って、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)から想定される適正水準を大幅に上回るため、中央銀行の金融政策による金融引き締め(利上げ)などをキッカケに信用膨張の動きが止まり、それまでとは逆の動き「信用収縮」に転じます。投機の動きは急速になくなり、市場価格は下落し始め、不動産や株式などの資産価格は大きく下落します。不動産や株式などリスク資産はこの時急落しやすいことから、これを「バブルの崩壊」ということが多いです。

これら膨張から収縮までの一連の動きは、膨れ上がって最後にははじけてしまう泡に似ていることから「バブル(泡)」と言われています。




関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース