本文へスキップ

不良債権比率

不良債権比率


不良債権比率とは

不良債権比率(ふりょうさいけんひりつ)とは、貸付金等総与信残高(貸出金・債務保証等の合計額)に占める不良債権の比率のことです。

  • 不良債権比率=不良債権の残高/貸出金・債務保証等の合計額



不良債権とは

  • 不良債権(ふりょうさいけん)とは、貸し出し(融資)をする際に交わした約束通りに返してもらえなくなった貸し出しの債権のことです。金融機関は、企業や個人にお金の貸し出し(融資)をして利ざやを稼いでいますが、貸し出し先が経営困難や不景気などで業績が悪くなると、貸し出したお金が返してもらえなくなることがあります。その返してもらえなくなった債権のことを「不良債権」と言います。



不良債権比率

不良債権は、引当や償却で処理されますので、金融機関が収益でそれを補うことになります。不良債権が少ない金融機関ほど資産が健全ですので、不良債権比率は低いほど良いと判断されます。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース