本文へスキップ

マスタートラスト業務とは

マスタートラスト業務とは


マスタートラスト業務とは

  • マスタートラスト業務とは、特定の信託銀行などが一元的に資産管理(株式為替債権などの管理)をすることです。その業務のことをいいます。



マスタートラスト業務のメリット・デメリット

マスタートラスト業務を利用すれば、年金基金は資産管理を特定の銀行に集約することができます。年金基金は、資産管理を多くの運用機関に委託するよりもリスク管理や運用の把握がしやすくなり、また手数料の引き下げなどを要求しやすくなるメリットがあります。また、資産管理を委託された運用機関にとっても年金基金といった大規模資産を運用できるメリットがあります。ただし、受託機関の独占が進むため、「管理・運用の分離」の観点から各金融機関からの反対が多いです。





関連記事










姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース