本文へスキップ

インフレとデフレの解説

インフレとデフレの解説


インフレとは

  • インフレ(インフレーション:Inflation)とは、持続的な物価上昇のことです。供給より需要の方が多い状態のことを指します。インフレになると、その国の通貨価値が変わります、インフレとは、持続的な物価の上昇のことなのでモノを買うのにたくさんのお金が必要となります、ゆえにその国の通貨価値は下がることになります。



インフレには2つの種類のインフレがあります。

需要が増えることによって起こるインフレを

ディマンド・プル・インフレ




コスト(石油など)が上昇して起こるインフレを

コスト・プッシュ・インフレ




と言います。経済にとっては、緩やかにディマンド・プル・インフレとなる状態が良いとされています。コスト・プッシュ・インフレは×。インフレの状態は、消費者物価指数(CPI)の推移を見ることで確認できます、消費者物価指数(CPI)とは、商品価格の平均的な指数ですので、消費者物価指数(CPI)が上がり続けていたらインフレということになります。





デフレとは

  • デフレ(デフレーション:Deflation)とは、持続的な物価下落のことです。需要より供給の方が多い状態のことを指します。デフレになると、その国の通貨価値も変わります、デフレとは持続的な物価の下落のことなので、インフレ時より少ないお金でモノが買えます、ゆえにその国の通貨価値は上がることになります。ただし、デフレは経済にとって良くない状態ですので、デフレが続いて経済が低迷してくると、その国の信用力がなくってしまい、その国の通貨の信用力もなくなってきますので、通貨価値が下がっていくこともあります。



デフレとなって持続的に物価が下がると、それに伴って企業の収益が下がります。企業の収益が下がると従業員の給料も下がるので、消費が減り、さらに物価が下がることとなります。物価が下がるとさらに企業の収益が下がり・・・
こういった悪循環のことを

デフレスパイラル



と言います。デフレの状態はインフレの時と同様に、消費者物価指数(CPI)の推移を見ることで確認できます、消費者物価指数(CPI)とは、商品価格の平均的な指数ですので、消費者物価指数(CPI)が下がり続けていたらデフレということになります。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース