本文へスキップ

ソーシャル・ダンピングとは

ソーシャル・ダンピングとは


ソーシャル・ダンピングとは

  • ソーシャル・ダンピング(social dumping)とは、自国の輸出を伸ばすために不当に賃金の切り下げや労働条件を緩和することです。

    世界恐慌が起こっていた1931年、日本ではドル円の為替レートが下落して輸出品の価格が下落、その結果、日本からの輸出の数量が増えました。世界恐慌で世界各国の輸出の数量が減っていた時であったため、日本が自国の通貨の相場の下げ過ぎによって輸出の数量が伸びた、これは為替ダンピングによるものであると指摘されましたが、同時に、労働時間や労働条件で欧米と同じ条件でない、ソーシャル・ダンピングも行った、として非難されました。



関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース