本文へスキップ

パリクラブ(主要債権国会議)とは

パリクラブ(主要債権国会議)とは


パリクラブ(主要債権国会議)とは

  • パリクラブ(The Parisclub)とは、「主要債権国会議」とも呼ばれる、主要な債権国債務国が、フランス財務省で月一回開催している債務国の国際収支の改善計画と関連をもたせながらリスケジュールの協議を行う非公式会合のことです。



「パリクラブ」の由来

パリ・クラブは、累積債務国が多数の債権国と個別にリスケジュールの協議をするのは現実的ではないため、債権国と一括で多国間協議を行うようになり、この多国間協議を「債権国クラブ」と呼ぶようになりましたが、1956年にアルゼンチンの多国間による債務の救済交渉をパリで行ったことから「パリクラブ」と呼ばれるようになりました。




パリクラブの参加者

パリクラブの参加者は、債権国と債務国の政府官吏、世界銀行(国際復興開発銀行:IBRD)IMF(国際通貨基金)、国連貿易開発会議の代表者等です。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース