本文へスキップ

産業の空洞化とは

産業の空洞化とは


産業の空洞化とは

  • 産業の空洞化(さんぎょうのくうどうか)とは、国内の基礎的な生産能力が、広範に資本撤退していくことです。すなわち、国内企業の生産拠点が海外に移転して、国内産業が衰退していくことをいいます。明確な定義はありませんが、国内の基礎的な産業への投資の減少、海外への直接投資(海外生産)の増加、レイオフ(業績悪化による一時的な解雇)の進行、貿易収支の悪化等が産業の空洞化の現象として考えられています。



産業の空洞化が起こる理由

産業の空洞化は、通貨高(日本の場合は円高)が進むことによって、国内で生産するより海外で生産、または海外から輸入した方がコストがかからなくて済むため、通貨高局面で起こりやすい現象です。




産業の空洞化が進むと?

産業の空洞化によって以下のような影響・問題が生じやすくなります。

  • 国内の生産能力の低下
  • 国内技術の海外流出
  • OME輸入の増加
  • 稼働率の低下







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース