本文へスキップ

サプライサイド・エコノミクス(SSE)とは

サプライサイド・エコノミクス(SSE)とは


サプライサイド・エコノミクス(SSE)とは

  • サプライサイド・エコノミクス(SSE:Supply Side Economics)とは、「サプライサイド経済学」とも呼ばれる、供給側を重視した経済学のことです。米国のレーガン政権の経済政策を支えた経済学として有名となりました。



サプライサイド・エコノミクスの理論

サプライサイド・エコノミクスは見方によってそれぞれですが、ケインズ経済学による有効需要を管理する政策は供給側が歪んで、それが生産性を抑制していることから、歳出の削減、減税、高福祉政策を見直すことによって、インフレを抑止し貯蓄を増大させて勤労意欲を高めようとする、供給側の歪みを改善することを目的とした理論です。




関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース