本文へスキップ

プルーデントマンルールとは

プルーデントマンルールとは


プルーデントマンルールとは

  • プルーデントマンルール(Prudent man rule)とは、「模範法」または「思慮ある者の原則」とも呼ばれる、米国のERISA法(従業員退職所得保障法)で定められた年金ファンド運用の受託者に責任を課すことを規定した法律のことです。



概要

プルーデントマンルールは、年金ファンドの運用は加入者ならびに受益者の利益追求を目的として運用しなければならないことを規定した法律で、永続的に年金ファンドを運用できるるように、安全性や収益性を考慮して運用しなければならない、というものです。日本でも厚生年金基金や確定給付企業年金の運用担当者には同様の義務が求められています。プルーデントマンルールは、米国で年金ファンド運用の受託者の不始末によって、年金積立金がほとんどなくなるという事態が頻発したことから発達してきました。




関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース