本文へスキップ

金融市場とは

金融市場とは


金融市場とは

  • 金融市場(financial maeket)とは、資本や信用を取引している市場、すなわち金融取引が行われている場のことです。金融市場には、株式市場や外国為替市場、債券市場、商品市場などがあります。金融取引は、野菜や果物の実物を取引する物理的な市場を必ずしも必要とはしません。株式市場は、東京証券取引所のような物理的な市場がありますが、外国為替市場は電話やネットなど通信網や相対取引で成り立っている市場もあります。ネットの普及によって金融市場は物理的でない市場になってきています。



金融市場の役割

金融市場は、金融取引を行う利用者の需要供給をマッチングさせる場です。またそれによって成立した価格によって、その金融商品の価値を評価する場ともなっています。それらの役割を金融市場は果たしていると言えます。また、それらの取引は記録が残り、それらの記録は経済統計の基礎となったり、税金を把握するなどの機能も果たしています。そして、企業にとって金融市場は資金の調達を行う場でもあります。企業は自社の情報を提供して、金融市場で株式社債などで資金を調達します。企業は情報を提供するので、金融市場は企業の詳細な情報を市場参加者に提供する役割も果たしています。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース