本文へスキップ

累積債務問題とは

累積債務問題とは


累積債務問題とは

  • 累積債務問題(world debt problen)とは、ある国の対外債務(政府、企業、個人などが海外の政府や金融機関などに対して負担する債務のこと)が、その国の外貨獲得能力より過大となって債務の返済が困難となること、またそれによって起こる問題のことです。1982年のメキシコ金融危機から注目され始め、中南米諸国の開発途上国(発展途上国)の債務救済要請が米国の銀行をはじめとする債権銀行の経営を圧迫し、国際的な金融不安へとつながりました。



累積債務問題の原因

メキシコ金融危機における累積債務問題の原因は以下のようなものが考えられるとされています。

  • それまで開発途上国(発展途上国)の政策は対外借入に依存しており、さらにオイルマネーの還流によって金融機関が開発途上国(発展途上国)の貸出を増やしていた
  • オイルショックによってエネルギーコストが増加し、先進国の景気が悪化し、開発途上国(発展途上国)の景気に悪影響を与えた




関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース