本文へスキップ

GPIFとは

GPIFとは


GPIFとは

  • GPIF(Government Pension Investment Fund)とは、日本の公的年金(厚生年金と国民年金)を運用している厚生労働省所管の独立行政法人「年金積立金管理運営独立行政法人」のことです。運用資産額は130兆円以上と、世界最大の機関投資家と言われています。その運用状況はGPIFのHPで確認できます。



GPIFの買い方

GPIFの運用資産額は130兆円以上。GPIFがポートフォリオの株式組入れ比率を1%上げるだけで、約1兆円の資金がが株式市場に流入しますので、その動向は相場に大きな影響を与えます。GPIFは、パッシブ型の買い方をしやすいとされています。パッシブ型とは、インデックス系を買うということですので、GPIFの買いは株式市場の主要な銘柄に影響を与えやすいとされています。GPIFは年金を運用する機関投資家ですので、基本的には安全かつ合理的な運用が基本です。よって、高値を買う買い方ではなく、逆張りで高くなれば売る、安くなれば買う、といった投資スタイルをする傾向があります。






年金








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース