本文へスキップ

トリレンマとは

トリレンマとは


トリレンマとは

  • トリレンマ(trilemma)とは、「インフレーション不況(失業)・国際収支の赤字」の3つの困難が同時に発生する状況のことです。この3つは需要を拡大しても抑制しても同時には解消できないとされています。トリレンマとは「三重苦」という意味です。また、どれも好ましくない3つのうちから1つを選ばなければいけない「三者択一の窮地」を意味します。


    1973年の第一次オイルショックや、1978-1979年の第二次オイルショックで、世界経済はインフレーション・不況(失業)・国際収支の赤字」の3つの困難が同時に発生しました。石油価格の急上昇は石油消費国にインフレーションをもたらし、これに対応するために各国はインフレーションを鎮静化させる総需要抑制策を実施。世界的に経済成長が低下して失業が拡大しました。また、産油国以外の国々は、石油輸入の対外支払いが増加して国際収支は赤字に陥りました。

    こういった状況になった場合、財政政策を打ってもインフレーションと国際収支の赤字はさらに拡大し、逆にインフレーションと国際収支の赤字を解消するために財政政策を抑制しても不況が深刻になってしまします。ゆえにインフレーション・不況(失業)・国際収支の赤字」の3つの困難は同時には解消できないとされています。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース